6月16日(土)は神奈川県大和市の小田急江ノ島線「大和駅」の東西に300店舗が並ぶ骨董市に出店する予定です。

出店している自分が言うのもナンですが、ここの骨董市は面白いです。
やはりお店の数が多いから、ジックリ見ていたら1日過ごせるのではないでしょうか?

和物骨董の定番の焼き物から、着物屋さん、昭和レトロ、西洋骨董、リサイクル品、不用贈答品、そう言えば野菜売ってるお店もあったっけ。ほとんど何でも有り状態になりつつあります。僕のお店の側にはアフリカ物のお店もあります。勿論アジア物を扱ったお店も数軒あります。

お客さんも、他の骨董市のような見るだけって人より、掘り出し物を見つけなくっちゃ!って熱気をはらんだ人が多いです。横田基地が近いせいか外人も多い。お店をやってる人たちも買いに来るから、大きなキャリーバッグをガラガラ引きずって賑やかですよ。

お店の中にはズッと人がたかってるお店もあり、羨ましいけど大変だろうな、と思います。骨董屋さんたちは夜中に走ってきて、明るくなる頃にはお店を開いて、手伝いがいなければトイレも我慢しての(黙って持って行ってしまう人がいる)商いです。

僕が街売りから骨董市に出るようになった頃、初めて出店する骨董市(家から200km位離れてた)に電話で申し込んだ時「では、当日3時に来てください」と言われ「!」。ワンテンポ返事が遅れてしまった。

ちょっと横道にそれましたが、要は朝からやってます、というより骨董市で掘り出し物を、と狙っている人は朝一!

う~ん、16日は降水確率70%!
雨天決行ですし、何しろ出店料前払いだから、多少の雨なら殆どの業者さんは出店するだろうな。
僕は・・・